世界レヴェルへの道
2023.02.04
”前”・理性性の基礎を構築する「三次元の思考」・・・稽古・「哲学(総論・各論)」(一部修正)
2023.02.01
「人間存在に於ける『同様』『同等』『同種』の経験を何度も繰り返すこと」の本質的意味と意義・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.30
「情念」の概念・価値観を哲学する・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.29
"The lecture solemnly bestowed upon the best way to philosophize as a Toshiyuki Namai's disciple"・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.29
『神性』『原始的神学』を源泉とする本質的意味が内在する「中央スペース・中央テーブル」の設置を完了
2023.01.26
弟子が理解するべき「2023年ミッドイヤーの集いの神聖性」
2023.01.25
神の国に入るための「鍵」(keys)
2023.01.19
生井利幸は、自らの”直系”・”直属”の弟子が出版活動を行うとき、「銀座書斎・中央スペースを使用する『特権』(privilege)」を正式神聖賦与する・・・(加筆)
2023.01.18
収斂と美学の関係性・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.16
哲人の収斂・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.14
「2023年ミッドイヤーの集い」の挙行について
2023.01.11
生井利幸事務所所管・英語道弟子課程は、「生井利幸の『命』」である・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.11
母の通夜、及び 葬儀・告別式について
2023.01.09
"The guidance to philosophize 'cogito ergo sum'"・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.08
「弟子全員を対象とする正式稽古」の出席表明に関する再度の指導・・・(加筆)
2023.01.07
咀嚼力・・・稽古・「哲学(総論・各論)」
2023.01.06
2023年3月、弟子全員出席の正式稽古
2023.01.06
2023年2月、弟子全員出席の正式稽古・・・(修正加筆(第2号))
2023.01.03
訃報・・・(追記:2023年1月3日(火)、22:45)
2023.01.01
「ウェブサイト上に掲載済みの、師が執筆した本質的メッセージを単行本化する」という、弟子に賦与された”普遍的ミッション”・・・(2023年1月3日(火)、1:13加筆)

⇒ 世界レヴェルへの道 一覧

 

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程とは、英語で「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩む、生井利幸の弟子たちが学ぶ学問所です。英語道弟子課程は、東京・銀座3丁目の生井利幸事務所・銀座書斎内に、学問・文化・芸術の研究・教育の拠点を構えています。

■稽古場
・第一稽古場: 銀座書斎・中央スペース
・第二稽古場: 銀座書斎・奥の聖域
・第三稽古場: Quasi-Ginza sanctuary(弟子専用稽古場)
・第四稽古場: 美意識構築稽古場(弟子専用稽古場)
・第五稽古場: The sanctum sanctorum

更新日:

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.