世界レヴェルへの道
2020.10.19
師が弟子に対して賦与した”神聖なる特権”( a privilege holily given)、「銀座書斎内部の神聖性の維持」
2020.10.18
(1)「第7等級弟子:disciple rectified」と、(2)「第6等級準備ステージ・タイトルホールダー」の類似点と相違点 (絶対的真理)
2020.10.16
稽古名称変更の告知
2020.10.14
<1>「必要な休憩」 ⇒ <2>「神聖なる休憩」 ⇒ <3>「銀座書斎内部の神聖性の維持」・・・第三部
2020.10.12
<1>「必要な休憩」 ⇒ <2>「神聖なる休憩」 ⇒ <3>「銀座書斎内部の神聖性の維持」・・・第二部
2020.10.11
<1>「必要な休憩」 ⇒ <2>「神聖なる休憩」 ⇒ <3>「銀座書斎内部の神聖性の維持」・・・第一部
2020.10.09
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.10.08
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594):Magnificat Primi Toni・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.10.07
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594):Magnificat Primi Toni・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.10.07
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594):Magnificat Primi Toni・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.10.06
rectificationの意味・・・第7等級弟子の初期的段階についての概説(絶対的真理)
2020.10.04
rectificationの意味・・・第7等級弟子の初期的段階についての概説
2020.10.04
transubstantiationの概念・理念について”再哲学”する
2020.10.01
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.10.01
「第17回・英語道弟子課程・理性性基盤構築稽古」の告知
2020.09.29
"The fatal meaninglessness of excessive extravagance"・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.09.29
"The fatal meaninglessness of excessive extravagance"・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知
2020.09.26
弟子たちに期待する「銀座書斎内部での崇高なる時空間の創造・維持」
2020.09.24
"Quasi-Ginza sanctuary"は、「弟子が、”実際に”、自分の目で見えるようにしたtransubstantiationの拠点・中心核」である
2020.09.21
2020年9月20日(日)、弟子・S.M.さんのお父様が他界しました。

⇒ 世界レヴェルへの道 一覧

 

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程

英語道弟子課程とは、英語で「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩む、生井利幸の弟子たちが学ぶ学問所です。英語道弟子課程は、東京・銀座3丁目の生井利幸事務所・銀座書斎内に、学問・文化・芸術の研究・教育の拠点を構えています。

■稽古場
・第一稽古場: 銀座書斎・中央スペース
・第二稽古場: 銀座書斎・奥の聖域
・第三稽古場: Quasi-Ginza sanctuary(弟子専用稽古場)
 ⇒ Spiritual voyage given (Quasi-Ginza sanctuary given)
・第四稽古場: 美意識構築稽古場(弟子専用稽古場)
・第五稽古場: The sanctum sanctorum(銀座書斎から徒歩10分)
 ⇒ Introduction to the sanctum sanctorum(正式神聖英語音声講義)
 (2020年8月5日(水)、一部講義内容修正、すべてを再録音)

International Space Station floating around the earth, "one of tiny rocks floating in the solar system in the Universe" (provided by NASA).

更新日:

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.