世界レヴェルへの道
2022.05.18
2022年6月期、稽古・「耳学問と食事会」の賦与の日時
2022.05.16
稽古・「耳学問と食事会」の質の改善を目的とする緊急告知
2022.05.15
「我」「欲」「しがらみ」が、「弟子としてのすべて」を滅ぼす・・・再掲載
2022.05.12
「『生井利幸の哲学・理念』を、リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」・・・弟子・羽鳥香奈君に賦与する英語道弟子課程・特別追加稽古に関する一括告知(修正(第2号))
2022.05.10
[弟子・綾部知子君に賦与する特別追加稽古に関する一括告知] 英語道弟子課程・特別追加稽古・・・「『生井利幸の哲学・理念』を、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」
2022.05.09
稽古・「音で体験具現する、英知・美意識の華麗なる世界観・価値観」・・・新形式による新稽古の告知(修正加筆(第6号))
2022.05.06
2022年5月6日(金)現在、生井利幸事務所所管・英語道弟子課程弟子に賦与された担当、及び、担当者名
2022.05.02
「生井利幸の”直系”・”直属”の弟子としての『基礎』」の構築計画 <26>・・・(修正加筆(第5号))
2022.04.28
「英語道弟子課程・2022年ミッドイヤーの集い」に関する告知
2022.04.26
新設稽古の告知9・・・稽古・「耳学問と食事会」
2022.04.25
One of the cerebral gates to find and enter for the sake of sageness stereotypical human beings do not know and experience in general
2022.04.22
英語道弟子課程「特別追加稽古」の告知・・・「『生井利幸の哲学・理念』を、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」
2022.04.21
稽古・「耳学問と食事会」の2022年5月期・稽古日時について
2022.04.16
「『生井利幸の哲学・理念』を、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」・・・英語道弟子課程「特別追加稽古」の告知
2022.04.13
Transcendent concept of time supernatually interpreted by Toshiyuki Namai (2022年4月16日(土)、加筆)
2022.04.11
新設稽古の告知8・・・稽古・「耳学問と食事会」
2022.04.10
[弟子・沓間宏美君に賦与する特別追加稽古に関する一括告知] 英語道弟子課程・特別追加稽古・・・「『生井利幸の哲学・理念』を、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」
2022.04.08
[一括告知] 英語道弟子課程・特別追加稽古・・・「『生井利幸の哲学・理念』を、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」 (加筆:2022年4月9日(土))
2022.04.08
「『生井利幸の哲学・理念』を、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番の音楽哲学を通して、『弟子の血・肉・骨』の中に入れる」・・・英語道弟子課程「特別追加稽古」の告知
2022.04.07
「稽古についての整理」、及び、「学習方法の見直し」

⇒ 世界レヴェルへの道 一覧

 

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程とは、英語で「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩む、生井利幸の弟子たちが学ぶ学問所です。英語道弟子課程は、東京・銀座3丁目の生井利幸事務所・銀座書斎内に、学問・文化・芸術の研究・教育の拠点を構えています。

■稽古場
・第一稽古場: 銀座書斎・中央スペース
・第二稽古場: 銀座書斎・奥の聖域
・第三稽古場: Quasi-Ginza sanctuary(弟子専用稽古場)
・第四稽古場: 美意識構築稽古場(弟子専用稽古場)
・第五稽古場: The sanctum sanctorum

更新日:

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.