世界レヴェルへの道
2021.04.10
生井利幸の”直系”・”直属”の弟子とは、神聖なる空気感を吸収するだけでなく、「神聖なる空気感の中に完全に入る弟子」である
2021.04.06
Solitude you enjoy beautifully guides you to reach the ultimate given in the future.
2021.04.05
ローカルな努力で到達できる境地は「ローカルな境地」、一方、普遍的な努力で到達できる境地は「普遍的な境地」
2021.03.31
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ:「エマオの晩餐」(1606年)の鑑賞期間を終了
2021.03.28
銀座書斎・「奥の聖域」の神聖性について
2021.03.28
銀座書斎の戸締りについての注意事項
2021.03.24
[”再”再考] 2021年2月10日(水)に示した神聖的数値:「5人中『0.735人以下』」の意味 (修正(第2号))
2021.03.23
愛弟子・H.K.さんが、2021年4月から3年間、「英語道弟子課程、及び、エレガンス・オブ・エレガンスの同時在籍」を開始
2021.03.22
Quasi-Ginza sanctuary・・・生井利幸が、”直系”・”直属”の弟子に正式神聖賦与した「特権」 (加筆)
2021.03.21
銀座書斎内部の清掃活動に於ける留意事項(2021年3月21日(日))
2021.03.16
弟子・H.K.さんが、3年間、「英語道弟子課程とエレガンス・オブ・エレガンスの同時在籍」の準備に着手
2021.03.15
Toshiyuki Namai diaphanously urges that slackness is the one you must avoid no matter what for the sake of the realization of "sophistication of sophistication."
2021.03.14
銀座書斎・中央スペースのすべての書棚に、弟子・S.M.さんが用意した耐震用突っ張り棒を設置
2021.03.08
"The core 'sacred' to you in the inner part of your heart" [第二部](加筆(第2号))
2021.03.07
"The core 'sacred' to you in the inner part of your heart" [第一部]
2021.03.01
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ作:「エマオの晩餐」(1606年)の鑑賞用ライトについて
2021.03.01
Cleanliness or uncleanliness?---Uncleanliness in your heart awfully derives from self-centered ego.
2021.02.27
生井利幸事務所所管・英語道弟子課程、「銀座書斎入居ビル・清掃活動・月決め総合管理者」の発表
2021.02.25
You are holily privileged to be disciplined to be spiritually and intellectually sharpened in Quasi-Ginza sanctuary given by God through Toshiyuki Namai.
2021.02.24
愛弟子・K.H.さんが、「エレガンスの究極的境地」(the ultimate in elegance)探究の道を開始

⇒ 世界レヴェルへの道 一覧

 

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程

英語道弟子課程とは、英語で「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩む、生井利幸の弟子たちが学ぶ学問所です。英語道弟子課程は、東京・銀座3丁目の生井利幸事務所・銀座書斎内に、学問・文化・芸術の研究・教育の拠点を構えています。

■稽古場
・第一稽古場: 銀座書斎・中央スペース
・第二稽古場: 銀座書斎・奥の聖域
・第三稽古場: Quasi-Ginza sanctuary(弟子専用稽古場)
・第四稽古場: 美意識構築稽古場(弟子専用稽古場)
・第五稽古場: The sanctum sanctorum

International Space Station floating around the earth, "one of tiny rocks floating in the solar system in the Universe" (provided by NASA).

更新日:

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.