聖書入門

学問としての「聖書入門」(Introduction to the Bible)

生井利幸が講義する「聖書入門」

“Introduction to the Bible”(聖書入門)は、毎月、第4週目の英語稽古(基盤稽古)の前半部分を活用し、「わたくし生井利幸が、『準エラヴェイティッド英語』(English spiritually pre-elevated)を介して聖書を講義する」という学習の機会として賦与されます(毎月1回のペースでの受講)。

生井利幸が講じる講義内容は、旧約聖書、及び、新約聖書の内容となります。講義は、アメリカ、あるいは、ヨーロッパの神学大学と同等の講義内容となります(無論、実際の講義に於いては、受講する弟子の英語力でも理解可能な英語を使います)。

講義は、所謂「特殊講義」の形式で行われます。講義は、基本的に、銀座書斎の「中央スペース」(レッスンテーブルが置かれているスペース)を使いますが、時には、必要に応じて、英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)で行う場合もあります。

弟子が学習用として使う聖書は、英語と日本語の対訳になっている聖書です。したがって、わたくし自身が、英語で聖書を講義しても、弟子が使う聖書は、英語と日本語の対訳になっていますので、自宅でディクテーションを通して特殊講義の復習をするとき、日本語訳を参考にすることができますので、よりスムーズに復習することが可能となります。

西洋文明社会に於いては、1)「哲学は、学問の基礎」であり、2)「聖書は、人類の英知の源泉」であると捉えられています。


写真・上は、わたくし生井利幸が普段使っている聖書の一つ。

◆全3巻・連続英語音声講義
⇒ Righteousness Joseph exercised two thousand years ago for the sake of humankind Ⅰ(英語音声講義)
⇒ Righteousness Joseph exercised two thousand years ago for the sake of humankind Ⅱ(英語音声講義)
⇒ Righteousness Joseph exercised two thousand years ago for the sake of humankind Ⅲ(英語音声講義)

The Bible is the fountainhead of human intellectuality.

Toshiyuki Namai lectures upon "Introduction to the Bible" as a matter of science. In other words, he lectures upon the Bible as the basis of theology.

All of students and disciples study "Introduction to Philosophy"(Jinsei ni tetsugaku o hitotsumami) written and published by Toshiyuki Namai under the auspices of his holy instruction.

Historically and scientifically, it goes without saying that philosophy is the basis of all sciences. The Bible is the fountainhead of human intellectuality. It is very crucial for you to study both philosophy and the Bible as a Toshiyuki Namai's disciple who zealously pursues the essence and the absolute truth scientifically through receiving transubstantiation from him.

Blood to blood, flesh to flesh and bones to bones. I Toshiyuki Namai teach you everything which you need for you to reach the ultimate in human intellectuality in the future.

Toshiyuki Namai holily guides his disciples the genealogy of Jesus Christ.

◆全3巻・連続英語音声講義
⇒ Toshiyuki Namai holily guides his disciples the genealogy of Jesus Christ Ⅰ(英語音声講義)
⇒ Toshiyuki Namai holily guides his disciples the genealogy of Jesus Christ Ⅱ(英語音声講義)
⇒ Toshiyuki Namai holily guides his disciples the genealogy of Jesus Christ Ⅲ(英語音声講義)

◆学習方法
前掲の全3巻の英語音声講義は、ヘブライ語が頻繁に出てくるため、イギリス人やアメリカ人でも、認識・理解が極めて困難な講義です。生井利幸の弟子は、相当年数にわたって師の教授を受け続けると、やがて、前掲・英語音声講義の講義内容について少しずつわかるようになりますが、「現在の時点では、わからなくても問題はありません」。したがって、「これら3巻の英語音声講義のディクテーションは、今の時点では行わず」、生井利幸を源泉とする神聖なる空気感に自分の身を置くという目的の下、3つの講義を聴講してください。

The Sistine chapel, Vatican.

The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple

“Blood to blood, flesh to flesh and bones to bones.” All you absolutely need is to just follow and substantially experience all of processes holily given. There is no other way to be a disciple purified (6th grade disciple).

◆英語音声講義
⇒ The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple(英語音声講義)

本英語音声講義は、「生井利幸の血の中にある精神」の”権化”(embodiment)です。本英語音声講義について、通常の限界、所謂、典型の範疇・枠組みの中で生きている人々の限界を遥かに超越した「超・限界」まで勉強すると、生井利幸の弟子として、第7等級(disciple)から第6等級(disciple purified)に進む上で必須のステージを認識・理解することができます。また、同時に、弟子自身、「自分は、生井利幸から、普遍的精神・理念を引き継ぐ特権を賦与されている」という真実を体験具現することができます。

◆弟子・H.K.さんの学習成果
⇒ "The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple"の学習の成果(弟子・H.K.さん)Ⅰ
⇒ "The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple"の学習の成果(弟子・H.K.さん)Ⅱ
⇒ "The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple"の学習の成果(弟子・H.K.さん)Ⅲ

追記:
弟子・H.K.さんは、弟子の中で誰よりも一番先に、前掲の英語音声講義の勉強をしました(前掲・英語音声講義は、当初、「基盤学習ページ」内に掲載した教材)。H.K.さんが、自身の人生に於いて生井利幸に出会ったのは2008年です。今から10年前に、H.K.さんが英会話道場イングリッシュヒルズの面談を受けたとき、H.K.さんは生井利幸と出会いました。

今から数年前、H.K.さんからいただいたあるメッセージカードには、「先生は、最初から、私に本質を教えようとしてくれていたのに、私自身、そのことに気付くのに7年かかりました」という趣旨の文章が書いてあります(本・ウェブサイト、概説ページ内、「弟子課程の精神」ページに掲載済み)。

本稿で掲載した英語音声講義に内在する本質を認識・理解する上で必要な条件は、基礎学力でも英語力でもありません。あるいは、「生井利幸のレッスン(英語稽古)の受講期間が長い」ということでもありません。必要な条件は、たった一つです。それは、「学習者自身が生井利幸に自己の命を預け、学習者自身が、命をはって生井利幸が賦与する英知を学んでいる」ということのみです。

「固定観念の典型」を基盤として、損得勘定・ローカルな知識欲で前掲・英語音声講義を理解しようとしても、学習者の「心」にも「魂」にもその講義内容が入ることはありません。

生井利幸は、学習者のすべてを見抜いて、沈黙のまま、英語稽古(レッスン)を提供し続けています。わたくしは、もう、”相当年数”にわたって、同じことを言い続けています。学習者の皆さん、是非、朝だけでなく、「心の中」でも、そして、「精神の中」でも、目を覚ましてください。勉強の質を決めるのは「学習者自身」です。教授者であるわたくし生井利幸は、すべての学習者に対して、”最初から”、命をはって、「最高の学びの機会」を賦与し続けています。

更新日:

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.