狭き門

『狭き門』(the narrow gate)

"Humility is only one remove from haughtiness."(謙虚と傲慢は紙一重。)

Those who seriously study under the aegis of Toshiyuki Namai is required to reasonably comprehend one of the fundamental ideas in science. There is no concrete possibility for those who don't comprehend the matter described hereinafter.

It is said, "Humility is only one remove from haughtiness." in the civilized world here on this planet. In other words, "The line between humility and haughtiness is thin as a knife's edge."

I'm teaching this scientifically crucial matter at all times to those who seriously wish to build authentic culture at the Ginza Sanctuary, Tokyo, Japan.

It goes without saying that everything regarding the quality of learning hinges upon you. Whether you are intellectually sensitive or not regarding the considerable difference between the two, "humility" and "haughtiness" decisively destines the quality and direction of your learning more than you ignorantly imagine.

I deeply hope that you are not told, "Ignorance is bliss." as an irony which you don't understand.

学問として、本質、及び、絶対的真理の探究を目指す弟子は、「狭き門」(the narrow gate)から入る。

◆英語音声講義
⇒ A genuine disciple goes in through the narrow gate.(英語音声講義)

One of very important teachings taught by the Messiah, Jesus Christ, "Enter through the narrow gate." lives in the blood of Toshiyuki Namai. All disciples are privileged to enter through the narrow gate for them to pursue the essence and the absolute truth "scientifically." Only those who enter through the narrow gate are supernaturally guided to go forth essentially. It is an idea based upon natural law in the universe.

「狭き門」から入る、世界最高峰の学びの聖域

英語道弟子課程で学ぶ弟子たちは、第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)、そして、第二稽古場(森のギャラリー)に於いて、英米、または、海外のトップレヴェルの大学・大学院の研究室で与えられる学術的指導と同等、あるいは、それ以上の学術的指導を受けることができます。弟子たちには、平日・週末を問わず、毎日の24時間において、世俗的欲・エゴ・固定観念・邪念を一掃することに努め、「世界最高峰レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩む「特権」(privilege)が賦与されています。

すべての弟子は、師である生井利幸の正式神聖指導の下、「人類」(humankind)という立ち位置から、総合的に学問・文化・芸術を捉え、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指して、毎日、勉強に勉強を重ねています。わたくし生井利幸にとっての「弟子の理想像」(an ideal disciple)は、「弟子たちが、生井利幸の"spirituality"(精神性)の中で生きる」ということです。弟子に於いては、平日・週末に関係なく、毎日、迎える一秒一秒に於いて、「transubstantiation具現」を念頭において勉強に勉強を重ねていくことが極めて重要です。電話での相談は、平日・週末に関係なく、いつでも可能です。相談は、「相談したいその日のうち」に相談することが最善の方法です。具体的に相談したいことがあるのに、翌日、あるいは、数日後に相談しようとすると、「『相談したい具体的内容』に対して情熱を失ってしまう」ことは通常人における常です。

「弟子たちよ、たった一度しかないこの人生に於いて、『限界の限界』まで勉強に燃えなさい」、・・・勉強に燃え続けると、師である生井利幸の精神性の中で、"culmination"が生じます。生井利幸の精神性の中で"culmination"の経験を続ける毎日を送っていくと、生井利幸からのtransubstantiationの体験具現、そして、経験実現へと進化していきます。必要な道は、師がすべて賦与します。弟子は、「師から賦与された道」を進むのみです。エゴ・迷い・曇りは、すべて「負の要因」を生みます。弟子は、師から賦与された道を進むことに尽きます。それ以外はありません。

弟子たちの「心と精神の置き場所」

写真・左は、英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎、「奥の聖域」)。

第一稽古場に於いて、生井利幸の弟子たちは、正式神聖指導の下、「世界最高峰の英知・美意識」を体験具現する日々を過ごし、心と精神に於いて「最高の歓喜」「至上の喜び」を経験する人生を歩むことができます。

第一稽古場は、弟子たちが神聖なる空気感の下で、世界最高の英知・美意識を吸収し、自分たちの血(blood)・骨(flesh)・肉(bones)とする最も重要な学びの聖域です。

師である生井利幸は、第一稽古場を清らかな学びの聖域として維持していくために、毎日、相当なる時間を捻出し、稽古場の浄化を図っています。

受講生にとっての「狭き門」、弟子にとっての「狭き門」

◆英語音声講義
⇒ Who decides the quality of lesson?(英語音声講義)

英語道弟子課程は、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指す、世界最高峰の学びの聖域です。生井利幸の弟子を目指す受講生は、まずはじめに、生井利幸の英知の入口、即ち、英知に入るための「狭き門」(the narrow gate)から中に入ることが必要です。「弟子になる」ということは、「狭き門から入る」ということです。

弟子になるための「狭き門」は、生井利幸の宇宙規模の英知の内側から見ると、実は、かなり「広い門」(the wide gate)です。その理由は、生井利幸の英知の中に入ると、前に進むにしたがって、その通り道は、次第に狭くなるからです。

第二の狭き門、第三の狭き門、第四の狭き門という如く、「”超越的”学問としての生井利幸の正式神聖指導の範疇・枠組み」の中でより崇高なるステージに進んでいくには、目の前に見える「より狭い門」を通ることになります。「勉強が先に進むと、先にある門は、より狭くなる」、・・・「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指す弟子にとっては、必要不可欠な認識事項です。

本質論を述べると、「勉強すればするほどに師が遠くなる」という経験こそが、「絶対的真理、及び、本質に到達したい」と希求する弟子にとっては、基本となる経験です。勉強すればするほどに師が遠くなる、・・・正真正銘の本物の弟子は、この経験を介して、「英知の美しさ」を実感するようになります。

◆人間が経験する「2つの美」
1 上辺だけ、即ち、実体的本質が不存在で形をつくっている「美」
(虚像社会で平凡人が見る「美」)

2 真理・本質から構成される「美」
(虚像社会の上にあるガラスの天井を突き破れた人が見る「美」)

補足:
「学問の深遠さ」「真実の英知」「真実の学びの様相」を知らない人には、何年たっても、生井利幸が目の前の存在者との相互コミュニケーションのためにローカライズしているその地域的様相・姿しか見ることができません。つまり、「学問の深遠さ」を知らない人ほど、生井利幸が近く感じます。

更新日:

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.