弟子専用ページ

英語道弟子課程・弟子専用ページ(パスワード必要)

英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイトは、「ウェブサイトそのもの」が、すべて教材としての役割を果たしています。弟子専用ウェブサイトには、巨大なる宇宙空間に浮かぶ無数の星の数ほど、「実に膨大なる教材」が掲載されています。これらの内容は、単に「ローカルな知識欲」を満足させるために勉強しても、「実のある勉強の成果」が出ることはありません。

現在、英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイトには、以下に示す「6つのページ」、即ち、巨大6層があります。それぞれのページは、言葉では「ページ」という表現を用いますが、実際は、ページどころか、「通常人の常識では理解が及ばないほどの、『宇宙規模の巨大な英知・美意識』」の知の空間です。それぞれのページ掲載の教材を勉強するためには、まず第一に、一つひとつの教材の勉強に取り掛かる前に、広大なるページに記載されているすべての教授内容を精読する必要があります。「木を見て森を見ず」という如き視野の狭い見識・理解の下、ローカルな知識欲・損得勘定で教材のみを勉強しても、教授内容について認識・理解することはありません。弟子は、まず第一に、師から”入室許可”されたページについて時間をかけてしっかりと精読し、その後、一つひとつの教材について、たっぷりと時間をかけて丁寧に勉強していくことが重要です。

英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイトに掲載されている教授内容について、平凡人の場合、一生かけて猛勉強しても、そのすべてを終了し、しっかりと自分の教養とすることは、「困難極まりない、極めて険しい道のり」です。人生は、たった一度だけです。一度だけの人生だからこそ、この「困難極まりない、極めて険しい道のり」を歩み、「世界レヴェルの英知・美意識」を自分の個の中に入れていく意味・意義・甲斐があるでしょう。

本来、英知は、「この上ない美しい代物」です。弟子自身、師であるわたくし生井利幸の正式神聖指導の下、(1)「自己に於ける不必要な固定観念」、及び、(2)「自己中心的なエゴ」を一掃して『生井利幸の精神性』(Toshiyuki Namai's spirituality)の中で生き続けることができたなら、日々、賦与される教授内容のすべてが「最高峰の美」であると捉えることができ、且つ、生井利幸の弟子として勉強できることが、「神聖なる祝福」であるということを自己の命で実感することができるようになります。

宇宙規模の巨大6層から構成される、「英語道弟子課程・弟子専用ページの構造」

英語道弟子課程・弟子専用ページは、生井利幸の直接稽古を介して「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指す、生井利幸の弟子専用・巨大キャンパスです。

英語道弟子課程・弟子専用ページは、英語道弟子課程弟子のみが入ることができます。「通常コース(受講生向け)」と「英語道弟子課程(弟子向け)」に於ける教授内容を体積で表すと、実に「天と地の差」と言えるほど、双方に於ける巨大な相違が存在します。通常コース(受講生向け)と英語道弟子課程(弟子向け)に於ける教授内容を体積で表すと、下記の図の如き巨大なボリュームの差となります。通常コースに於ける教授内容を体積で表すと「一本の線」で表現できます。一方、英語道弟子課程に於ける教授内容を体積で表すと、まさに、「宇宙規模の巨大な英知・美意識の大空間」として表現できます。


通常コース(受講生向け)と英語道弟子課程(弟子向け)に於ける教授内容を体積で表すと、上記の如き巨大なボリュームの差となります。通常コースに於ける教授内容を体積で表すと一本の線で表現できます。一方、英語道弟子課程に於ける教授内容を体積で表すと、まさに、「宇宙規模の巨大な英知・美意識の大空間」として表現できます。

1)「精神性」(spirituality) ⇒ 2)「理性性」(rationality) ⇒ 3)「神聖性」(holiness)

生井利幸は、弟子たちに対して、一生涯をかけた巨大プロジェクトの一つとして、1)「精神性」(spirituality) ⇒ 2)「理性性」(rationality) ⇒ 3)「神聖性」(holiness)という如き、生井利幸の形而上学の根幹メカニズムを直接稽古していく。

生井利幸の形而上学の根幹メカニズムは、所謂、「理性性・基盤構築稽古」内で弟子たちに賦与される。「理性性・基盤構築稽古」とは、生井利幸の英知の範疇・枠内に存するastrophysics(宇宙物理学)を基盤とする学術的考察から、「transcendental science(超越的科学)としてのcosmogony(138億年前の宇宙の起源)」を大前提として、通常の人間の理解を超える「組織的、且つ、系統的“超”科学的構造」として教授される稽古である。

”Homo sapiens”(現生人類)としての弟子たちに賦与する正式神聖指導の枠組みに内在する宇宙物理学から述べると、138億年前のビッグバンは、「プランク時間」と呼ばれる『一瞬』の間に起こったものだ。ビックバンを提唱した科学者は、理論物理学者・ジョージ・ガモフ(George Gamow, 1904-1968))である。「プランク時間」は、通常の物理法則では成り立たず、『この一瞬』は、現代の物理学に於いては、科学的に、“組織立てて”説明することができない『“超越的”一瞬』である。ビッグバン理論に於いては、宇宙は、138億年前に、時間・空間・物質エネルギーのない「無」の状態に於いて「“超”・加速膨張」で始まり、陽子・中性子・元素が生成され、その後、ビッグバンから38万年後に光が直進できるようになり、この結果、広大なる宇宙空間の見通しが良くなった。10億年後には、銀河・銀河団・惑星が形成された。

生井利幸が賦与する「理性性・基盤構築稽古」は、宇宙の誕生(起源)であるビッグバンを大前提として、すべての学問体系を踏まえて“超”・学術的指導を賦与する「絶対的真理の探究」である。また、同時に、「『人類の英知の源泉(聖書)の枠組み』を“超越的”巨大構造として賦与する、『正式、且つ、神聖なる、“超越的”、且つ、“超自然的”学術的指導』」である。「理性性・基盤構築稽古」は、理性的存在者(rational existent)としての人間に賦与された『天賦的理性』(inherent reason)について、それを普遍的立ち位置から捉え、所謂、「天賦的理性の重要性」について、師の生井利幸から、”体系的”、且つ、”系統的”な教授を賦与されるという如き、英語道弟子課程に於ける根幹的・完全個人稽古である。弟子たちは、師が賦与する学問・文化・芸術に内在する本質を探究する道を歩む上に於いて、弟子として、相当年数をかけて、生井利幸の形而上学(metaphysics)に内在する普遍的構造を認識・理解・吸収することが必要不可欠である。英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)に於いて賦与される特殊講義は、生井利幸の『準エラヴェイティッド英語』(English spiritually pre-elevated)によって正式教授される。

「理性性・基盤構築稽古」は、正式神聖指導として、”体系的”、且つ、”系統的”に正式賦与される。本稽古は、「資本主義経済社会に蔓延る、所謂、”物質至上主義”に毒された存在者」には不適切な稽古である。したがって、弟子が本稽古を受講するには、弟子自身に於いて必要十分な「解毒」(detoxification)がなされていることが必須である。「理性性・基盤構築稽古」は、生井利幸の英知(形而上学)の範疇・枠組みの中に存在する1)「精神性」(spirituality) ⇒ 2)「理性性」(rationality) ⇒ 3)「神聖性」(holiness)について体験具現する稽古であるが、師は、まず第一に、弟子自身の心の豊かさを助長・促進し、精神ステージを向上させることに主眼を置いて教授している。師は、本稽古を、定期的に連続稽古として賦与。弟子たちは、本稽古を継続して受講することにより、生井利幸の形而上学に内在するすべてのステージについて”系統的”、且つ、”体系的”に体験具現し、弟子自身が、「生井利幸の英知・美意識」を自分の血・骨・肉の中に入れていくことが可能となる。それ故、本稽古は、生井利幸から弟子へのtransubstantiationを行っていく上で、「巨大、且つ、天まで届くほどの高さを有する"rational pole"」であると明言できる。

弟子たちに対して継続的に賦与される「理性性・基盤構築稽古」に於いて、相当年数の間は、弟子自身の心のステージ、精神のステージを改善・向上させることに主眼を置く。その後、必要とされる精神ステージに到達した弟子から、徐々に、「生井利幸の理性性」に入ることができる。これを別の表現で言うならば、弟子自身が「自分の心のステージ」を上げなければ、完全に「生井利幸の精神性」の中に入ることは不可能であることを意味する。弟子自身、まず第一に、「生井利幸の精神性」の中に入り、その中で、一定以上の精神ステージに到達しなければ、「生井利幸の理性性」の中に入ることはできない。弟子が「理性的存在者」(rational existent)になるためには、純粋存在者(immaculate existent)になる必要性があるのは、このような「重要、且つ、重大なる理由」に依拠する。

師が定義する「純粋存在者」(immaculate existent)とは、第6等級の弟子、所謂、”disciple purified”を意味する。師は、すべての弟子が、相当年数をかけて「自分の心」を豊かにし、その後、「精神ステージ」を一定のステージまで向上させ、やがて第6等級のdisciple purifiedになるべく、全エネルギーを投入して「正式神聖指導」を賦与し続けていく。師は、一事が万事に於いて、すべての弟子たちに対して、”完全に”、平等に教授を行っている。したがって、それぞれの弟子の「理性性」の行く末は、「弟子自身の心・精神のあり方」によって変わっていく。

巨大6層から構成される「宇宙規模の英知の空間」

生井利幸の弟子たちは、生井利幸の英知を自分の英知として引き継ぐために、巨大6層から構成される「宇宙規模の英知の空間」に入り、生涯をかけたミッションとして「世界最高峰の英知・美意識」構築具現の道を歩むことができます。

概説ページ

概説ページとは、「英語道弟子課程・巨大キャンパスの入口の前に置かれてある案内所」の如き役割を演じています。概説ページは、英会話道場イングリッシュヒルズ・通常コース受講生向け、そして、英語道弟子課程弟子向けに、易しく「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現への道のりを案内・解説しているページです。例えば、皆さんが、米国マサチューセッツ州のハーヴァード大学のキャンパスに訪問したと仮定します。通常、訪問者は、大学のキャンパスに入口付近で、キャンパスの案内パンフレット、あるいは、キャンパスマップを閲覧するでしょう。概説ページは、このような意味合いを持つ「案内ページ」です。

基盤学習ページ(閲覧にはパスワードが必要)

基盤学習ページから、「英語道弟子課程・弟子専用ページ」(英語道弟子課程・巨大キャンパス内部)に入ります。生井利幸の弟子たちは、このページに掲載されている相当数の英語音声講義・文書教材の勉強を通して、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩むための基盤学習を行うことができます。英語道弟子課程・基盤学習ページにおける勉強は、英語道弟子課程・メインページにおける勉強を行う上で、大前提となる基礎的学習です。

メインページ(閲覧にはパスワードが必要)

メインページには、大量の英語音声講義・文書教材が掲載されています。メインページでは、「transubstantiationの根幹メカニズム」を学習・習得し、生井利幸から弟子へのtransubstantiationを介して、「世界レヴェルの英知・美意識」を構築するための無数の構成要素を勉強していきます。メインページでは、相当数の英語音声講義、及び、文書教材について、(1)「世界レヴェルの英知」、(2)「世界レヴェルの美意識」という如く、大きく2つに分類・整理・組織化。神聖なる系統性の下、幅広い教養を構築していくことができます。

Privilege given to the disciplesページ(閲覧にはパスワードが必要)

Privilege given to the disciplesページに於いては、さらに、「より崇高な英知・美意識の境地」に到達することを目的とした相当数の弟子用稽古教材(英語音声講義・文書教材)を掲載。このステージに入ると、地域性の範疇ではなく、「『普遍性の範疇』に於ける英知の捉え方」が次第にわかるようになります。"Privilege given to the disciples"とは、"Privilege given to the disciples by God in order to pursue the essence and the absolute truth under the auspices of holy instruction Toshiyuki Namai carries out"を意味し、厳密に日本語に訳すならば、「弟子の特権」ではなく、「生井利幸の正式神聖指導の下、神から弟子に賦与された絶対的真理・本質を探究する特権」という意味を成します。

Pre-elevatedページ(閲覧にはパスワードが必要)

Pre-elevatedページで教授される学術的境地は、わたくし生井利幸が、「『自己の人生と命』と”引き換え”に教授する英語道弟子課程」における究極的教授内容が掲載されたページです。教授内容のすべては、所謂、世界レヴェルの研究者・教養人・文化人等が到達する「極めて崇高な学術的境地」。本ページに掲載されている教材が開示・教授する学術的境地は、「大学院課程を終了後、『40年~50年程度』の学術研究を経て到達する境地」。pre-elevatedページに於ける「知の大航海」では、「宇宙規模の無償の愛」でそのすべてを開示・教授する生井利幸の教授内容について、弟子自身、perfect transubstantiationを介して「自身の英知の源流」とすることができます。

disciple pre-elevatedページ(閲覧にはパスワードが必要)

第2等級の弟子、即ち、disciple pre-elevatedが学ぶ「準世界レヴェルの英知・美意識」の巨大空間。disciple pre-elevatedの境地は、通常の学術的経験では到底到達することができない極めて崇高な境地。この境地に入ると、「人間にとっての科学(学術)とは何か」について、普遍性の中で、『”超”・科学』(”超”・学術)として認識・理解できるようになります。

disciple elevatedページ(閲覧にはパスワードが必要)

第1等級の弟子になると、disciple elevatedページに入る許可が賦与されます。disciple elevatedページは、第1等級の弟子、即ち、disciple elevatedが学ぶ「世界レヴェルの英知・美意識」の巨大空間です。生井利幸の弟子として、正真正銘の現実として「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現が実現されるのは、第1等級の弟子として認定されたときです。弟子は、生井利幸からのperfect transubstantiationを介して、すべての教授内容が自分の個の中に入ったとき、世界に存在する「最高峰レヴェルの教養人の一人」になります。

弟子は、一生をかけてdisciple elevated(第1等級)になることを目指して猛勉強を続けると、「生井利幸の英知・美意識」がそっくりそのままの形で「自分の英知・美意識」となり、同時に、「世界に通用する最高峰の教養人」となります。

弟子がdisciple elevatedになると、弟子自身、「エレガント英語」を遥かに超越する最高峰の英語、即ち、『エラヴェイティッド英語』(English spiritually elevated)を自分の言語とすることができます。『エラヴェイティッド英語』の習得には、弟子自身が、生井利幸からのperfect transubstantiationを介して、自分自身が"the ultimate in spiritual elevation"を経験実現することが必須となります。英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)は、そのための重要な聖域です。

更新日:

Copyright© 英会話道場イングリッシュヒルズ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.