「 投稿者アーカイブ:babayoshino 」 一覧

ホモ・サピエンスとして、"cleanliness"について再哲学する

"Cleanliness is next to godliness."・・・この理念は、言うまでもなく、わたくし生井利幸が弟子に賦与する正式神聖指導に於ける根幹的理念の一つです。 わたくし生井利幸は、 ...

英語道弟子課程・2020年クリスマスの集い・・・"Christmas for the disciples to be spiritually lifted, 2020"(弟子が、「生井利幸の精神性」の中で引き上げられるための2020年クリスマス)

◆英語道弟子課程・2020年クリスマスの集い 1 集いの主題 "Christmas for the disciples to be spiritually lifted, 2020" (弟子が、「生井 ...

「小さなtransubstantiation」が始まれば、同時に、弟子自身も引き上げられていく・・・修正加筆(第9号)

「小さなtransubstantiation」が始まれば、同時に、弟子自身も引き上げられていく Quasi-Ginza sanctuaryで学習する時間は、長ければ長いほどよいでしょう。例えば、ほんの ...

[再考] ”不必要なバッグを持たない”という自己のあり方・・・修正(2020年11月2日(月)、18:25)

生井利幸事務所所管・英語道弟子課程は、師である生井利幸が発する『エラヴェイティッド英語』(English spiritually elevated)を介して「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指 ...

<1>「必要な休憩」 ⇒ <2>「神聖なる休憩」 ⇒ <3>「銀座書斎内部の神聖性の維持」・・・第二部

昨日に掲載した文書教材、『<1>「必要な休憩」 ⇒ <2>「神聖なる休憩」 ⇒ <3>「銀座書斎内部の神聖性の維持」・・・第一部』は、弟子の心のステージの改善・向上・発展を実現する上で、極めて重要な文 ...

rectificationの意味・・・第7等級弟子の初期的段階についての概説

本稿にて、「弟子の等級」に関して、以下に掲げる各・名称についてその概要を講じます。 第7等級弟子: disciple 第7等級弟子: disciple prepared to be pre-recti ...

transubstantiationの概念・理念について”再哲学”する

本稿に於いて、生井利幸の”直系”・”直属”の弟子たちは、以下の事項について再哲学してください。 <1> transubstantiationとは、「弟子が、『生井利幸』によって引き上げられる」体験を繰 ...

2020年9月20日(日)、弟子・S.M.さんのお父様が他界しました。

2020年9月20日(日)、弟子・S.M.さんのお父様が他界しました。S.M.さんのお父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。 S.M.さんは、昨日の2020年9月20日(日)は、早朝5:41から、銀 ...

「弟子の等級」についての神聖的解釈

■「弟子の等級」についての神聖的解釈 1 正式神聖賦与 正式神聖賦与とは、神の法の下、生井利幸が弟子に対して、「正式、且つ、神聖的に賦与する」という意味。弟子が、生井利幸によって、より上位のステージに ...

欲は、身を滅ぼす

「世俗的な欲を捨てる」という生き方、・・・この生き方は、はたして難しい生き方でしょうか。 欲を捨てると、たくさんの大切なものが手に入ります。人は、通常、欲のために生きます。しかし、欲のために生きると、 ...

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.