世界レヴェルへの道

英語道弟子課程弟子・K.H.さんが、同時進行で、「エレガンス・オブ・エレガンス」にて"the ultimate in elegance"を探究・・・修正加筆

更新日:

2021年2月、英語道弟子課程弟子・K.H.さんが、英語道弟子課程に於いて「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩みながら、同時進行で、英会話道場イングリッシュヒルズの「エレガンス・オブ・エレガンス」(3年制・毎週2回のレッスン)で学習するべく、来週に於いて同コースの選考試験を受験します。

K.H.さんは、既に、わたくし生井利幸の下で猛勉強をスタートして12年目。英会話道場イングリッシュヒルズの重要根幹教材「レッスン日記」に於いて、最も多く学習の推移・様相等を紹介された学習者の1人です。

K.H.さんが3年制・週2回の「エレガンス・オブ・エレガンス」コースで目指すものは、"the ultimate in elegance"(エレガンスの究極的境地)。(1)「K.H.さんが、わたくし生井利幸の下で"the ultimate in elegance"を学び、それを自分の個に入れる」ということは、(2)「K.H.さん自身、『最高峰のエレガンス』を体験具現する」ということを意味します。

「エレガンス・オブ・エレガンス」で学習するためには、言うまでもなく、選考試験に合格する必要があります。選考試験には、第一次選考試験、及び、第二次選考試験があります。K.H.さんは、選考試験に合格した場合、一生涯のミッションとして英語道弟子課程弟子として世界的教養人への道を歩みながら、その中の3年間は、エレガンスの究極的境地を目指していきます。

追記:
先日、K.H.さんに対して、英語道弟子課程「特別追加稽古」(主題: リヒャルト・シュトラウス(1864-1949): 交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30)を賦与した際、フランス産の赤ワイン、ル・クラランス・ド・オーブリオン2015をいただきました。エレガンス・オブ・エレガンスの門出に相応しい、フランス産ワイン通のためのワインです。

-世界レヴェルへの道

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.