世界レヴェルへの道 学問

自分を律し、戒める弟子が、師によって引き上げられる(正式神聖教示)・・・修正加筆(第2号)

更新日:

■自分を律し、戒める弟子が、師によって引き上げられる
 ・・・正式神聖教示・・・

<1>
他人の行動を律しようとするのではなく、常に、「自分の行動」を律する。

<2>
他人の行動を気にするのではなく、「自分の行動」を気にする。
(「自分の行動」についてしっかりと注意を払うと、その行為自体が、「他人に対する気遣い」になる。)

<3>
自分を律し、律した自分を戒める。そして、戒めた自分を律し、律した自分を戒める。賢者は、毎日、これを繰り返す。
(海外でも日本でも、真の賢者は、「この生き方の妥当性、及び、威力」について達観している。)

<4>
真の洗練化は、「毎日、自分を律し、戒め、そして、戒めた自分を律し、戒める」という一秒一秒を経験することなしに実現することはない。

<5>
「生井利幸の精神性の範疇・枠組み」の中に自分の命を置き、「生井利幸の精神性の範疇・枠組み」の中で「孤独」を愛し、経験する弟子が、”具体的に”、transubstantiationを体験具現する。

 ・正式神聖英語音声講義
 ⇒ Solitude you enjoy beautifully guides you to reach the ultimate given in the future.(正式神聖英語音声講義)

<6>
一般社会でも、物事を達成する人(本物)は皆、「孤独を愛する人」である。
(偽物の特徴の一つは、「偽物は常に、人と群れたがる」ということである。)

-世界レヴェルへの道, 学問

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.