世界レヴェルへの道

rectificationの意味・・・第7等級弟子の初期的段階についての概説

更新日:

本稿にて、「弟子の等級」に関して、以下に掲げる各・名称についてその概要を講じます。

第7等級弟子: disciple
第7等級弟子: disciple prepared to be pre-rectified
第7等級弟子: disciple pre-rectified
第7等級弟子: disciple rectified

各・名称についての概要

第7等級弟子: disciple
discipleとは、「単に、生井利幸の弟子になった」という如き、所謂、「”素”の弟子」の状態を意味する。素の弟子が、濃度の濃いtransubstantiation、即ち、「具体的transubstantiation」を体験具現することは極めて”稀”であり、難しいと言わざるを得ない。具体的transubstantiationの体験具現の邪魔をする諸要素とは、「弟子本人が無意識のうちに持っている数多くの固定観念、本質的要素不在のローカル意識、自己中心的エゴ、自己陶酔等」である。

第7等級弟子: disciple prepared to be pre-rectified
”前”・矯正準備段階の弟子。

第7等級弟子: disciple pre-rectified
”前”・矯正段階の弟子。

第7等級弟子: disciple rectified
”前”・矯正段階過程を経験し(通り)、「真の矯正に向けた道のり」を歩み始めた弟子を指す。真の矯正は、第6等級準備ステージ・タイトルホールダーを正式神聖賦与された以降も、相当年数にわたって続く。disciple rectifiedについての実際に於けるその具体的詳細は、"disciple rectified to some extent at an early stage"を意味する。

・・・矯正(rectification)についての概念・・
神の法を根源とする正式神聖指導の範疇・枠組みに於ける「矯正」(きょうせい)とは、この地球に存在する「本質的要素不在の地域性の中に蔓延する『固定観念』(stereotype)」から自己を解放させる目的の下、自己に於ける盲目・無知の状態から、「神の法の下、『本来の人間存在としての正しい生き方』を実現するべく、自己に於ける欠点・盲目状態からの脱皮を図る」ことを意味する。

第7等級弟子として必要とされるすべての学習を経験し、すべてのプロセスを通っていることを大前提として、弟子が「必要とされる”ほとんどすべて”のrectification」を経験したとき、生井利幸から弟子に対して「第6等級弟子:disciple purified」が正式神聖賦与される。必要とされる”すべて”のrectificationを経験するには、それぞれの弟子に於いて相当年数を必要とする。

-世界レヴェルへの道

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.