世界レヴェルへの道 学問 文化 芸術

transubstantiationの概念・理念について”再哲学”する

投稿日:

本稿に於いて、生井利幸の”直系”・”直属”の弟子たちは、以下の事項について再哲学してください。

<1>
transubstantiationとは、「弟子が、『生井利幸』によって引き上げられる」体験を繰り返して経験実現できる、この地球上で最高峰の英知・美意識の「吸収法・習得法、及び、継受法」である。

<2>
通常の学習方法は、「暗記して、後に忘れる」を一生涯繰り返す、”身に付かない学習経験”である。一方、transubstantiationとは、「吸収・習得し、それを引き継ぐ(継受する)」、所謂、”超越的”継受法である。

<3>
生井利幸から弟子へのtransubstantiationは、「弟子が、自らの「個」として、生井利幸の弟子になる前に何を持っていたか」(弟子が、生井利幸の弟子になる前の段階に於いて、一個の「個」として、どのような知識・能力等を持っていたか)について問うものではない。

生井利幸から弟子へのtransubstantiationとは、「『今現在』に於いて(さらには、将来に於いて)、弟子が、生井利幸が持っているものを、そっくりそのままの形で吸収・習得し、それを引き継ぐ(継受する)」という”系統的”、且つ、”超越的”吸収法である。

<4>
生井利幸が直接稽古・賦与する『”系統的”理性性』(genealogical rationality)の基礎は、上記<1>、<2>、及び、<3>について認識・理解・咀嚼・哲学することを大前提として、様々な学習経験を介して、(生井利幸から弟子に対して)”系統的に”、日々、少しずつ構築されていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記<1>、<2>、<3>、及び、<4>について、たっぷりと時間をかけて再哲学すると、「生井利幸が正式神聖賦与する道の中に現実存在する『根幹としての道』」が見えてきます。

■基礎的資料(教材)

留意事項:
概説ページに於ける教授内容は、「基盤学習ページに入る前の、”より低位の”、”より初歩的な”教授ステージ」である。

-世界レヴェルへの道, 学問, 文化, 芸術

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.