学問

自分を洗い直し、清め、生まれ変わり、「disciple purified(第6等級)準備ステージ・タイトルホールダー」を目指す弟子・M.U.さん

既に、「世界レヴェルへの道」で紹介しましたが、現在、M.U.さんは、「『固定観念』(stereotypes)、及び、『自己中心的なエゴ』(self-centered ego)の完全なる払拭・除去」を実 ...

概説ページ内の「ラ・トゥール」ページの再精査・加筆を行い、刷新。

このたび、概説ページにて、「ラ・トゥール」ページの再精査・加筆を行い、刷新しました。 弟子たちが、「ラ・トゥールの絵画から何を学べるのか」という問題について、より鮮明に認識・理解できるように、ページ全 ...

No omnipotent being exists in this human society on earth.---Omission inevitably engenders evil.

If you commit a crime illegally, such action is absolutely illegal. There are two concepts regarding ...

弟子・H.K.さんは今、一体如何なる境地にいるのか・・・「油断」こそが最大の敵

弟子・H.K.さんは、現在、disciple(第7等級)です。弟子の中で、一番最初に「disciple purified(第6等級)準備ステージ・タイトルホールダー」になったのは、H.K.さんです。 ...

概説ページ内の「世界レヴェルの教養」「基盤学習」の両ページを再精査、及び、新教材を掲載。

このたび、「概説ページ」内の以下のページの内容について、再精査、及び、新教材を掲載しました。 1 「世界レヴェルの教養」ページ <新教材の掲載> 『生井利幸が、自己の命の長さを削って、「世界レヴェルの ...

概説ページ内の「3種類の英語」を再精査し、加筆。

本日、早朝、概説ページ内の「3種類の英語」を再精査し、加筆しました。 概説ページについて、さらに、再精査を行っていきます。

師に於ける「針の筵(むしろ)」(the bed of thorns)の意味 <4>

シリーズ教材、『師に於ける「針の筵(むしろ)」(the bed of thorns)の意味』は、本稿で第4回目を迎えました。本稿で、このシリーズ教材は、最終回となります。 まずは、以下の2つの「弟子用 ...

「2018年の秋を迎えて楽しむ、カルビ焼きと耳学問」・・・英語道弟子課程「特別稽古」の告知(耳学問:アメリカ合衆国の歴史と文化)

◆英語道弟子課程「特別稽古」の告知 1 テーマ 主題:「2018年の秋を迎えて楽しむ、カルビ焼きと耳学問」 副題:「アメリカ合衆国の歴史と文化」 2 プログラム 2018年の秋を迎えて楽しむ、「フルコ ...

「スムーズに前に進めない人」の典型

海外でも日本でも、勉強したいことがあるのに「スムーズに前に進めない人」の典型は、日々、「勉強しない理由」(a reason not to study anything intensively)を探し続 ...

師に於ける「針の筵(むしろ)」(the bed of thorns)の意味 <3>

1 命について、心だけでなく、「命」で捉える シリーズで掲載している連続文書教材、『師に於ける「針の筵(むしろ)」(the bed of thorns)の意味』は、本稿で第3回目になります。 生井利幸 ...

Copyright© 弟子専用ウェブサイト , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.